BTSジミンのソロ曲一覧!人気の曲は?「約束」の歌詞の意味は?

BTSジミンのソロ曲一覧!人気の曲は?「約束」の歌詞の意味は? BTS
スポンサーリンク

メンバーそれぞれがソロ曲を持つBTSですが、今回はジミンソロ曲についてご紹介します♪

ジミンのソロ曲一覧や、人気な楽曲について詳しく見ていきましょう!

また「約束」の歌詞などについても調べてみました♪

スポンサーリンク

ジミンのソロ曲一覧!

ジミンのソロ曲は合計5曲あり、アルバムに収録されている楽曲が3曲、収録されていない楽曲が2曲あります。

どれも素敵で、世界中で人気な楽曲となっております。

それでは発表された順番に見ていきましょう♪

Lie

「Lie(ライ)」はジミンが作詞作曲に初めてに携わった記念すべき曲です。

2016年にリリースされ、「WINGS」に収録されている楽曲です。

 

「Lie」は日本語で「嘘」という意味で、大きくなってしまった嘘から抜け出せない状態や、助けを求めるような歌詞となっています。

これは、嘘の自分を表現しており、本当の自分とアイドルとして生きる自分を比較しているのではないか、と言われています。

Serendipity

2017年にリリースされ、プロモーションをしていないにも関わらず、Spotifyでのストリーミング数が2億回を上回った驚異的な楽曲「Serendipity(セレンディピティ)」

こちらの楽曲は「Love Yourself 結 ‘Answer’」と「Love Yourself 承 ‘Her’」の2つのアルバムに収録されています。

 

セレンディピティ(英語: serendipity)とは、素敵な偶然に出会ったり、予想外のものを発見すること

https://ejje.weblio.jp/content/serendipity

とあるように、「Serendipity」では偶然ではない運命のような出会いを表現しています。

三毛猫のオスが生まれる確率や、アオカビからペニシリンが発見された確率のようにとても低い確率でありながらも必然的な出会い。

BTSのメンバーとARMYが出会い、幸せになることは宇宙ができたときから決められていた、というような素敵な歌詞ですね♪

Promise/약속(約束)

「약속(約束)」はBTSの公式Soundcloudで配信されており、アルバムへの収録はありません。

こちらの楽曲はジミンがARMYに向けたプレゼントとして、2018年12月31日に公開しました。

さらに、ジミン自身が作詞作曲をしており、公開の8か月以上前から準備をしてきたそうです。

 

2018年に公開されてから3年以上経ちましたが、今もなお人気な楽曲として愛されており、Soundcloudでの再生回数はなんと3億回を突破しました!

アコースティックギターの音色とジミンの美しい歌声についうっとりしてしまう「약속(約束)」

歌詞、メロディー、歌声、とすべてが素敵な楽曲で世界中で絶賛されている理由がわかりますね♪

Filter

2020年にリリースされた楽曲「Filter」はアルバム「MAP OF THE SOUL:7」に収録されています。

公開当時は114か国のiTunesチャートで1位を獲得し、あらゆる記録を樹立しました。

 

世界中で1位に輝き、ジミンのセクシーさや大胆な表現が世界中のARMYを刺激した「Filter」

ARMYを魅惑し、聞く人を魅了するジミンの艶やかな歌声から「危険な曲」とも呼ばれています。

Christmas Love

2020年のクリスマスイブにファンのためにサプライズで公開した「Christmas Love」

クリスマスプレゼントとしてひそかに準備をしていたというこちらの楽曲は、ジミンのソロ曲の中で一番最新のものとなっております。

 

ジミンが幼いころに初めて雪を見たときの感情記憶、思い出をもとに製作された楽曲で、この曲を聴いて自分の思い出に浸ってほしい、という願いが込められているそうです。

クリスマスソングらしいタンバリンや鈴などの楽器、リズミカルで明るいテンポ、ジミンの美しく高い歌声がとてもきれいで、毎年聞きたくなる楽曲となっています。

「Christmas Love」はアルバムに収録されていませんが、YouTubeやSoundcloudでいつでも聞くことができますよ♪

ジミンのソロ曲の人気は?

人気順 曲名 YouTube Spotify Soundcloud
1 Filter 8771万 2億3100万
2 Promise 3億0936万回
3 Serendipity 3150万 2億
4 Lie 2096万 1億4200万
5 Christmas Love 4360万 5277万回

ジミンのソロ曲は5曲ともとても人気で世界中で視聴されていますが、中でも一番人気な楽曲は「Filter」です。

SpotifyとYouTubeの再生回数の合計が5曲のソロ曲の中で一番高い数字となっています。

 

「Filter」はSpotifyで配信されている曲のうち、男性ソロアーティスト部門で1位を獲得しました。

ストリーミング再生回数が2億3100万回に到達したスピードが1位なのだとか。

2番目に人気のある楽曲は「Promise/약속(約束)」です。

こちらの楽曲はSpotifyやYouTubeで配信されていない代わりに、Soundcloudで聞くことができます。

さらにその再生回数がなんと3億回を上回っており、その記録が世界1位という大記録を樹立しました。

 

「Serendipity」「Lie」も再生回数が2億回1億回、とBTSのほかのメンバーのソロ曲と比べても非常に人気があることがわかります。

リリースするソロ曲がすべてヒットし、世界中で愛されているジミンの楽曲。

次はどのような曲が制作されるのか、とても楽しみですね♪

ソロ曲「約束」に隠された意味

ジミンが作詞作曲をし、RMが作詞に加わったことで知られる「약속(約束)」ですが、歌詞に隠された意味があるのだとか。

ジミンが楽曲制作に関して配信で語った胸の内を解説していきます♪

「君」=みなさん

ツイッターに投稿されたジミンのコメントを読むと、「僕のための曲ですが、あなたのための曲でもあります」とあります。

ジミンのための曲でもありファンのための曲でもあるということがわかりますね。

 

「大変な状況でも自分自身を辛くさせないように、自分自身と約束しよう」といった内容の歌詞があります。

これには、この曲を聴いたすべての人が慰められますように、といった思いが込められています。

 

純粋に歌詞を読むと、ジミンがARMYとの「約束」を歌っているように思えます。

しかし、実はジミンがジミン自身との「約束」を歌った歌でもあるのです。

「君」=ジミン自身

もともとジミンが落ち込んでいた時期に制作が始まった「約束」

スランプによる暗い感情悪い思考が前面に出た、自分を責める歌詞だったそうです。

 

当時思いの内をリーダーであるRMに話し、楽曲だけではなく精神面でのアドバイスを受けたジミンは長くて暗いスランプのトンネルから抜け出すことに成功します。

こうして完成した「約束」自分を責めて暗い気持ちになっていたジミン自身に対して「もう自分を悪く言わないように約束しよう」という思いを込めて「君」をジミン自身に当てはめたのだそうです。

まとめ

今回はBTSのジミンがリリースしたソロ曲を調査しました!

ジミンのソロ曲一覧や人気順、さらに大人気曲「約束」に込められた歌詞の意味やエピソードもご紹介しました♪

BTSの中でも特に耳に残るきれいな歌声を持つジミンですが、作詞作曲までこなすのですから凄いですよね。

今後も世界中で愛されるソロ曲を楽しみにしたいですね♪

U-NEXTなら話題のK-POP・韓流バラエティが見放題!

U-NEXTなら、Mnet Smartで配信している
K-POP・韓流バラエティが独自編成のチャンネルで見放題なんです!
BTS(防弾少年団)TWICEなどの人気K-POPアーティストの
バラエティや韓国カルチャーが楽しめる番組が数多く配信されています。
私も利用していますが、K-POP・韓流バラエティはもちろん、
ほかの配信サービスも魅力的です。

U-NEXTの魅力は…
①見放題作品数NO.1!
②初回登録時、31日間無料で利用できる(お試し登録)
③無料登録でも600円分のポイントプレゼント!
④追加料金なく、110誌以上の雑誌が読み放題!

\ 公式サイトはこちら /
韓流LP
解約はいつでも簡単!無料トライアル中の解約をしても料金は発生しません♪

------------------------------------------------------------------
本ページの情報は2022年6月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT公式サイトにてご確認ください。
-------------------------------------------------------------------

コメント

タイトルとURLをコピーしました