BTS2022年最新・人気順を国別で紹介!日本・韓国・アメリカでの人気は?

BTS2022年最新・人気順を国別で紹介!日本・韓国・アメリカでの人気は? BTS
スポンサーリンク

世界中を虜にしているBTS

そんなBTSを、2022年最新・人気順を国別で紹介

日本韓国アメリカでの人気は?

について、調査してまとめてみたいと思います。

スポンサーリンク

BTS2022年最新・人気順を国別で紹介!

BTS2022年最新・人気順を国別で紹介!日本・韓国・アメリカでの人気は?

早速、国別の総合ランキングを紹介します。

日本 韓国 アメリカ
1位 V(テテ) JIMIN JUNGKOOK
2位 JIMIN(ジミン) JUNGKOOK V
3位 JUNGKOOK(ジョングク) V JIMIN
4位 JIN(ジン) SUGA JIN
5位 SUGA(シュガ) JIN SUGA
6位 RM(ナム) RM RM
7位 J-HOPE(ホビ) J-HOPE J-HOPE

1位~3位までは、マンネラインが三カ国とも占めていますね!

その中でも、3人がそれぞれの国で1位になっているのは面白いです。

順位に、三カ国とも大きな違いがないのが、分かりますね。

SNS別の人気順を国別で紹介!

BTS2022年最新・人気順を国別で紹介!日本・韓国・アメリカでの人気は?

インスタやTwitterでのつぶやき、YouTube動画ヒット数などの項目別、かつ国別で詳しく見ていきましょう。

日本

インスタタグ数 Twitter総合 YouTube動画 YouTube検索数 Google検索
V 556万 383,729 5,855 130万 213万
JIMIN 668万 229,021 6,487 160万 133万
JUNGKOOK 868万 154,738 2,227 190万 113万
JIN 539万 389,063 5,647 120万 56万
SUGA 550万 200,963 2,192 70万 36万
RM 361万 173,042 5,207 100万 67万
J-HOPE 118万 91,328 1,718 60万 29万

※メンバーの順番は、日本の総合ランキング順です。

※1位を、2位を、3位を色で示してみました。

 

日本では、テテが総合1位でしたね!

マンネラインの3人が、上位3位までを満遍なく占めている感じですね。

総合1位のテテが、項目でも1位を沢山占めているかと思いましたが、そうでもなかったですね。

 

ですが、数字で見ると結構な差があり、ビックリしました。

マンネラインの中で、最年長であるジンが健闘しているのが、何だかちょっぴり嬉しかったです。

韓国

インスタタグ数 Twitter総合 YouTube動画 YouTube検索数 Google検索
JIMIN 500万 102,004 19,000 64,000 57,000
JUNGKOOK 530万 63,270 17,000 39,000 110,000
V 630万 81,990 22,000 51,000 47,000
SUGA 409万 13,610 12,000 24,000 100,000
JIN 380万 11,600 14,000 22,000 120,000
RM 350万 35,220 15,000 37,000 72,000
J-HOPE 330万 15,200 10,000 19,000 45,000

※メンバーの順番は、韓国の総合ランキング順です。

※1位を、2位を、3位を色で示してみました。

 

韓国では、ジミンが総合1位でしたね!

やはりマンネラインである3人が、上位を占めているのが分かりますね。

そして、総合1位であるジミンが、項目別でも1位を2回獲っているので、韓国での人気ぶりが分かります。

Google検索では、ジンが1位で、シュガが3位なのは、ちょっと凄いですね。

 

数字的に日本と比べると少ないと感じますが、日本の人口と比べると、韓国は半分しかいないので仕方ないですね。

アメリカ

インスタタグ数 Twitter総合 YouTube動画 YouTube検索数 Google検索
JUNGKOOK 658万 78,077 93万 43万 57万
V 556万 60,057 92万 65万 67万
JIMIN 668万 56,523 98万 26万 27万
JIN 538万 62,335 73万 32万 32万
SUGA 550万 41,089 71万 26万 49万
RM 361万 34,251 63万 22万 25万
J-HOPE 533万 20,699 62万 13万1千 32万

※メンバーの順番は、アメリカの総合ランキング順です。

※1位を、2位を、3位を色で示してみました。

 

アメリカでは、ジョングクが総合1位でしたね!

他2国同様に、上位3名であるマンネラインが3位までにランクインしている項目が多いですね。

アメリカでの人気の高いジョングクが2位を4回も取っているので、安定的に人気があるのが分かります。

ジンとシュガもランキングに入っている項目があるので、人気があるのが分かりますね。

 

数字的に日本と比べると、そこまでの大差がない事から、日本より3倍の人口であるアメリカでは、日本ほどの認知度はないようです。

まとめと感想

国別の総合ランキングは以下の通りです。

日本 韓国 アメリカ
1位 V(テテ) JIMIN JUNGKOOK
2位 JIMIN(ジミン) JUNGKOOK V
3位 JUNGKOOK(ジョングク) V JIMIN
4位 JIN(ジン) SUGA JIN
5位 SUGA(シュガ) JIN SUGA
6位 RM(ナム) RM RM
7位 J-HOPE(ホビ) J-HOPE J-HOPE

各国で、マンネラインが上位を占めており、かつ、1位~3位までバラバラなのが面白いですね!

国によって、好みが違うのかもしれませんね。

 

項目別でも、三カ国ともマンネラインが上位にランクインしているのは、当然かなと思いました。

しかし、韓国とアメリカでは、ジンやシュガが上位に入っている項目もあり、ちょっと意外でした。

国やSNSによっては、違うランキングがあって、調べていて面白かったです。

数字からは、認知度や関心度も分かりました。

 

自分の推しメンバーが、何位だったかと楽しめれば良いと思います。

ランキングも楽しいですが、自分の推しメンバーが、元気に楽しそうにしていてくれたら、それで良いですよね!

U-NEXTなら話題のK-POP・韓流バラエティが見放題!

U-NEXTなら、Mnet Smartで配信している
K-POP・韓流バラエティが独自編成のチャンネルで見放題なんです!
BTS(防弾少年団)TWICEなどの人気K-POPアーティストの
バラエティや韓国カルチャーが楽しめる番組が数多く配信されています。
私も利用していますが、K-POP・韓流バラエティはもちろん、
ほかの配信サービスも魅力的です。

U-NEXTの魅力は…
①見放題作品数NO.1!
②初回登録時、31日間無料で利用できる(お試し登録)
③無料登録でも600円分のポイントプレゼント!
④追加料金なく、110誌以上の雑誌が読み放題!

\ 公式サイトはこちら /
韓流LP
解約はいつでも簡単!無料トライアル中の解約をしても料金は発生しません♪

------------------------------------------------------------------
本ページの情報は2022年3月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT公式サイトにてご確認ください。
-------------------------------------------------------------------

コメント

タイトルとURLをコピーしました