BTSジョングクのソロ曲一覧!CD化されている?人気の曲はなに?

BTSジョングクのソロ曲一覧!CD化されている?人気の曲はなに? BTS

ダンスも歌もラップもずば抜けており世界中から愛されているBTSですが、メンバーがそれぞれソロ曲を持っていることはご存じでしょうか?

今回は透き通るような歌声を持つメインボーカル、ジョングクのソロ曲一覧をご紹介します!

CD化されている楽曲やストリーミングでしか聞けない曲、さらに人気ランキングを見ていきましょう♪

ジョングクのソロ曲一覧!CD化されている曲は?

ジョングクのソロ曲は現在4曲発表されていますが、その中でもCDに収録されている曲は「Begin」「Euphoria」「My Time」の3曲です。

「Still With You」はCD化されてはいませんが、BTSのでデビュー日の記念としてリリースされました。

それではジョングクのソロ曲を順番に見ていきましょう♪

Begin(2016年)

「はじまり」を意味する楽曲「Begin」は2016年にリリースされたアルバム「WINGS」に収録されている、ジョングクにとって初めてのソロ曲です。

このアルバムにはBTSのメンバー全員のソロ曲が収録されていますが、ジョングクの「Begin」が一番最初に公開されました。

ジョングクはインタビューで泣きながら「僕にはつらいことがありません」、「一緒に暮らすメンバー達がつらいことが唯一のつらいことです」と答えています。

この楽曲の歌詞にはそんなジョングクの、メンバーに対する気持ちがたくさん込められています。

Euphoria(2018年)

「Euphoria」は2018年にリリースされた「LOVE YOURSELF 結 Answer」に1曲目として収録されている、ジョングクの2曲目のソロです。

「Euphoria」とは「多幸症」という心理学の言葉で、病的なほどの喜びや幸せを感じる状態を意味します。

ジョングクは自身の「声」で力になりたいという意味を込めて「Euphoria」を歌いました。

 

BTSはユニセフと共同で「LOVE MYSELFキャンペーン」を実施し、2年半で26億ウォン(約2億6千万円)の基金が集まったのだとか。

このキャンペーンは「本当の愛は自分を愛することから始まる」をスローガンに、暴力から苦しむ世界中の子供たちを支援するためのプロジェクトです。

ジョングクの声を通して、世界中で苦しむ子供たちのARMY(BTSのファン名)が支援されました。

My Time(時差)(2020年)

「My Time」は2020年にリリースされた「MAP OF THE SOUL : 7」の9曲目に収録されている、ジョングクの3番目のソロ曲です。

歌詞の冒頭にもあるように、「誰よりも早く大人にってしまった」ジョングクの心の内を明かす楽曲となっています。

自分だけ周りと違う時間の中にいるかのような、まるで時差があるかのような日々を歌っています。

 

中学生のころから走り続けて世界を席巻するアーティストとなった今、走り続けてきたこれまでを振り返りこれでよかったのか?と問うような歌詞もあります。

孤独さえも感じられるこの楽曲からは、ジョングクの悩み悲しみが伝わってきますね。

Still with you(2020年)

「Still With You」はCDには収録されていませんが、BTSの公式サウンドクラウドにて視聴可能です。

この曲はジョングクが作詞・作曲から携わったソロ曲となっています。

 

BTSは毎年デビュー日である6月13日に向けて、「BTS FESTA」と呼ばれるお祭りのような祝賀イベントを行います。

オープニングセレモニーから始まり、ダンス動画や笑える企画、ソロ曲の発表や写真公開といった様々なコンテンツを用い、約10日間にわたってファンを魅了します。

2019年のFESTAではジンがソロ曲を発表し話題になりましたが、その翌年ジョングクがソロ曲を発表したのです!

ジョングクの世界観で、ファンへの会いたいという気持ちがストレートに表現されている楽曲ですね♪

ジョングクのソロの人気ランキング!

ジョングクのソロ曲はどれも魅力的で、何度もリピートして聞いてしましますよね♪

つい口ずさんでしまうメロディーや心に響く歌詞透き通る歌声どれも完璧なジョングクの楽曲。

今回はあらゆる数字をもとに順位を決めていきます!

皆さんはどの楽曲が一番好きですか?

1位 Euphoria

ジョングクのソロ曲の中で断トツの人気を誇るのが「Euphoria」ですね♪

HYBEから上がっているMVも、BANGTANTVより上がっている音源も、どちらもYouTubeの再生回数が8000万回をこえています。

さらに世界最大級の音楽ストリーミングサービスであるSpotifyでは、「Euphoria」の再生回数がついに3億回を上回り、韓国人男性ソロアーティストとして1位に輝きました!

さらに、サウンドクラウドで配信されている音源もし再生回数が2380万回を超えています。

この数字に勝る韓国人ソロアーティストはいないのですから、驚異的と言えますね♪

2位 Still With You

「Euphoria」に続く人気を誇るのが「Still With You」です。

こちらの楽曲もYouTubeでの再生回数が8220万回をこえており、世界中から愛されています。

BTSの数多くの楽曲を生み、ヒットへと導いてきたBIG HIT MUSICのプロデューサー、Pdoggとジョングクがともに制作した楽曲というだけあって見事な人気っぷりですね♪

3位 My Time(時差)

こちらの「時差」もとても人気な楽曲となっています。

YouTubeの再生回数は3973万回と、とてつもない数字ですね。

ジョングクのソロのほかの楽曲に比べると少し劣りますが、Spotifyでの再生回数も1億4000万回を超えています。

4位 Begin

人気順が4曲中4位という結果になりましたが「Begin」もとても人気な楽曲です。

Spotifyでのストリーミング数は1億回を超え、YouTubeの再生回数も784万回を超えています。

初めてのソロ曲ということもあって、ジョングクにとってとても大切な楽曲でもあります。

”You make me begin”と何度も繰り返す歌詞は「メンバーたちが僕を始動させた」、「メンバーたちが僕を作った」、「メンバーたちが僕の原点だ」などと解釈できます。

歌い方や感情の込め方からもメンバーへの思いが伝わってきますね。

まとめ

BTSのメインボーカル、ジョングクが発表したソロ曲を一覧にしてご紹介しました♪

CDに収録されている楽曲やストリーミングでしか聞けない楽曲がありましたね。

どれも人気驚異的な再生回数を誇っているジョングクの歌声は、BTSを知らなくても魅了されること間違いなしですよ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました