BTS・RMはIQ148!学歴や頭がいいエピソードを紹介!

BTS

先日、2年連続で「第64回グラミー賞」にノミネートされたBTS。韓国国内ではBTSの兵役免除すべきか否かの議論が進み、世界中で話題になっていますね。

そんなBTSのメンバーRM(キム・ナムジュン)IQが148もあることを知っていますか?

天才ラッパーでもあり、IQも高いRMの学歴や頭がいいエピソードを紹介します。

RM(キム・ナムジュン)のプロフィール

RMはBTSのリーダーでメインラッパーを務めています。

デビュー当時は「ラップモンスター」という名前でしたが、現在はRM(アールエム)という名前で活動しています。

本名 キム・ナムジュン(김 남준)
生年月日 1994年9月12日
出身地 韓国/京畿道 高陽市
担当 リーダー&メインラッパー
身長 181cm
体重 64㎏
血液型 A型
ニックネーム ナムジュン、レプモン、破壊神、リーダー…etc

RMはヒップホップの世界に魅力を感じ、ラップグループ「大南朝鮮ヒップホップ協同組合」のメンバーとして活動をしていました。

グループの路線がアイドル路線に変わったことで、メンバーの脱退もあり、最終的にRMが残りました。

その後、SUGAやJ-HOPEが加わってBTSの基盤ができました。

 

RMは現在でもソロとしてミックステープを発表しています。

ロンドン出身のエレクトロ・デュオ「HONNE(ホンネ)」がRMの楽曲をプロデュースするなど、他のアーティストとコラボしていることも多いです。

 

RMは頭脳明晰でラッパーとしても天才ですが、「破壊神」や「紛失キング」というあだ名を持っています。

その理由として、今まで何ともなかったドアが、RMが触ったとたん引き手が取れてしまったり、自身の衣装やメンバーの衣装を破いてしまい撮影が中断したこともあったからだそうです。

また、AirPodsを30回以上も紛失したり、パスポートを紛失したりと、よく物をなくしています。

天才の反面、抜けている部分も多く、ギャップがすごいですよね。

IQ148の学歴は?

RMはIQ148という驚異的な知能の持ち主です。

東大生の平均はIQ120くらいなので、RMがどれほど天才かわかりますよね。

英語の発音や言葉選びに関して、韓国人特有のクセはほとんど見られないくらい高い語学力を持っています。

 

彼の学歴はペクシン小学校からオマ小学校へ転校、コヤンシニル中学、イルサンテジン高校から、練習生になったタイミングで芸能人が多く通う狎鷗亭高校(アプクジョン高校)に転校しています。

もともと学力が高かったため、両親は医者や弁護士になることを望んでいたようです。

そして、グローバルサイバー大学放送芸能学科から、漢陽サイバー大学大学院広告メディアMBAに2019年入学しています。

ローバルサイバー大学と漢陽サイバー大学大学院は、難易度自体は低く、学びたい姿勢のある学生を受け入れてくれるところのようです。

頭が良いエピソードを紹介

RMが学歴優秀だったことはよくわかったのではないでしょうか?

留学経験なしなのに語学も堪能で、そもそものIQが高い彼のすごさを具体的なエピソードを踏まえて4つ紹介していきます。

ちなみにIQ148は全人口の0.38%と言われているそうです。

彼のエピソードはどれもすごいのでびっくりすると思いますよ。

TOEICで915点を取る

RMは中学生の時にTOEICを受けなんと850点を取っています。

850点は高校で学ぶ英文法をもれなく理解していて、リスニング・英文読解の精度が高くないとまず取ることができません。

この時点でも彼の英語力がかなり高いことがわかります。

 

そして、2020年に受けたTOEICの試験では915点を叩き出しています。

915点のレベルはリスニングにおいて、個別の単語レベルで聴き取れない音はほぼ無く、リーディングも理解できない文章はそれほど無い状態です。

TOEICの915点は上位3.4%程度なので、この点数を取ること自体かなりハイレベルです。

英語の勉強は独学で英会話スクールに通ったこともないそうです。

幼少期の頃に母親から海外ドラマ「フレンズ」全シーズンのDVDを見せられながら覚えたらしいです。

ドラマを見るだけで英語がペラペラになるなんて天才ですよね!!

国連でスピーチを2度も行ったり、BTSの世界進出において必要不可欠存在です。

 

高校の模擬試験で全国の上位1%に入る

RMは高校の時に受けた全国模試で上位1%に入っていたそうです。

日本では東京大学や早稲田大学・京都大学も狙える学力です。

両親は医者や弁護士になって欲しかったそうですが、RMが「僕が勉強にいくら優れていても、全国5000位ぐらい、でもラップでは1位になる。1等の息子がいいですか?5000位になった息子がいいですか?」と、将来ラッパーとして成功する熱意を両親に語り、説得しました。

彼の熱弁により、両親も彼の夢を応援することにしたそうです。

 

RMは高校時代に有名大「延世大学」への入学が期待されていました。

「延世大学」は高麗大学と常に私立大学のトップを争う大学で、外国人留学生の受け入れを積極的に行っており、国際交流が盛んな名門大学です。

日本でいうと、慶応大学レベルだと言えます。

クイズ番組で即答

RMはクイズ番組に出演したときにほかの人よりもかなり早いスピードで回答しました。

一捻りされた問題でも短い時間で得られた情報を正しく理解して、正しい答えをすぐ導きだしています。

クイズ番組に出演していた他の方もRMの回答の速さに驚いていました。

クイズの回答が早いのも、問題文を読解する能力が優れているうえに、頭の回転も速いからだと思います。

さすが、IQ148だけあって天才ですね!

幼少期から古典や書籍を読み漁っていた

幼い頃から人を感服させる文章が書きたいと、同年代の子よりもたくさんの本を読み漁っていました。

小説から自己啓発本、古典など幅広いジャンルの本を読んでいます。

特に古典の名作が好きで、母親に全巻欲しいと頼んで100冊ほどは読んだことがあるそうです。

 

RMは世界で読み継がれる不朽の名作から、日本作家の吉本ばなな村上春樹らの作品も数多く読んでいます。

村上春樹の「海辺のカフカ」はBTSの歌詞の一部にもなっていて、Butterflyの日本語verの中のRMが歌うパートの登場します。

胸が痛み音を出し

確かなのは何処も無い

My「海辺のカフカ」

向かわないで森へと

心の中、未だ君が巡るどんな時でも

想い溢れる夜の帳

この愛を永遠に…

It‘s all free for you

Baby…

BTS-Butterfly(Japanese Ver.)より

他にも「ノルウェイの森」や「1Q84」も読んでいるそうです。

 

RM曰く、読書は歌詞を考えるときのインスピレーションになるため、作詞作曲活動に大いに役立っているとのことです。

読書だけで完結させずに、何かに活かすことができるのもRMだからこそなのかもしれませんね。

まとめ

BTSのRMはラッパーの才能があり、IQも高く、天才肌ですね。

実際に天才エピソードも多く、彼の凄さを感じます。

英会話は独学でTOIEC915点を取っているので、語学力はメンバー内でかなり役に立っていると思います。

BTSは世界で話題を呼び、韓国のアイドルから世界のアイドルへと進化しています。

だからこそ、RMの活躍はさらに増していきそうですよね!

これからもBTSを応援していきましょう!

U-NEXTなら話題のK-POP・韓流バラエティが見放題!

U-NEXTなら、Mnet Smartで配信している
K-POP・韓流バラエティが独自編成のチャンネルで見放題なんです!
BTS(防弾少年団)TWICEなどの人気K-POPアーティストの
バラエティや韓国カルチャーが楽しめる番組が数多く配信されています。
私も利用していますが、K-POP・韓流バラエティはもちろん、
ほかの配信サービスも魅力的です。

U-NEXTの魅力は…
①見放題作品数NO.1!
②初回登録時、31日間無料で利用できる(お試し登録)
③無料登録でも600円分のポイントプレゼント!
④追加料金なく、110誌以上の雑誌が読み放題!

\ 公式サイトはこちら /
韓流LP

------------------------------------------------------------------
本ページの情報は2021年9月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT公式サイトにてご確認ください。
-------------------------------------------------------------------

コメント

タイトルとURLをコピーしました