SEVENTEEN(セブチ)ウジが可愛い画像を紹介!手がきれいなどウジの魅力とは?

K-POP
スポンサーリンク

KPOPと言えばBTS、という感じですが他にも人気のあるグループが沢山あるのはご存知でしょうか。

男性13人組のグループSEVENTEEN(セブチ)は自主製作グループで評価が高く、その中でも天才PDと言われているメンバーのウジに注目していきたいと思います。

 

ウジの可愛いと言われている画像や、男の子なのに手がきれい?

ウジの魅力ってどんなところ?

もっとウジの事を知ってもらうために色々調べてご紹介します!

スポンサーリンク

セブチ・ウジのプロフィール

画像

  • 本名:イ・ジフン (韓国語 이지훈 / 英語 LEE JIHOON)
  • 生年月日:1996年11月22日(24歳)
  • 国籍:韓国
  • 出身:韓国 釜山 広域市
  • 身長:164cm
  • 体重:54kg
  • 血液型:A
  • 練習生期間:5年

作詞作曲を手掛けることも多いSEVENTEENのプロデューサー、ボーカルチーム所属、ボーカルチームリーダー、リードボーカルを担当している。

真っ白な素肌に愛らしい笑顔のウジは”SEVENTEENの妖精”と呼ばれているが、厳しくプロ意識が人一倍あり、男らしく愛嬌が苦手だそうです。

圧倒的な存在感とオーラで、楽曲制作しているときは年齢関係なく的確なアドバイスをするそうです。

さすが、プサンの男性は漢気があるって言いますからね。

身長164cmと小柄な体型のウジですが、穏やかで落ち着いた性格、さらに人見知りで内向的な部分もあるので冷たい人と誤解されることが多いんです。

ウジの可愛い画像をpickup

画像

画像

画像

ウジの可愛い画像を数枚ご紹介しましたが、肌が白いのが特徴的でハイトーンヘアも相まって非常に透明感がありますね。

またつぶらな瞳が笑うと無くなってしまうのもファンから可愛いと言われています。

性格と真逆な見た目で、赤ちゃん扱いされるのはあまり納得いってないんだとか。

ウジの可愛いエピソードなのですが、とある音楽番組でウジが曲を披露してる最中にくしゃみをしてしまう姿が映っているのです。

1:56~辺りに後ろでダンスを披露しているときにくしゃみが出てしまっています。

本人も思わずにんまり顔で、これを見たファンが赤ちゃんのようで可愛いとキュンとしていました。

あとはやっぱりメンバーとのこの身長差

身長が低いのも他メンバーと見分けがつきやすいし、愛くるしい立ち姿がいい意味で目立ちます。

そしてウジは可愛いと言われるわけです。

手が綺麗?

画像

画像

画像

華奢なアクセサリーが似合う印象で、手だけ見ると女性なんじゃないかと思うくらい綺麗な手をしています。

ゴツゴツした感じもなく細くて長い、それに爪もツルツルで手の甲から浮き出る血管が好き手タレントもできる、という声も。

手フェチのファンは細かいところまで見ていてさすがですね。

 

小さい頃に、お母さんが毎日手のケアをしてくれていたそうですよ。

それから、何の番組かは調べられなかったのですが『手が綺麗なナムジャアイドル1位』になったこともあるようなんです。

画像

こちらがその時の画像なのですが、皆が認めるほどなので手が綺麗なのは間違いないですね。

体質かもしれませんが、きっと本人も日焼けをしないようにとか、ハンドクリームや保湿を怠らない努力をしているんじゃないかと思います。

ウジの魅力とは?

画像

圧倒的な音楽的スキルを持つプロデューサーのウジ、セブチの楽曲もほとんどウジプロデュースによるもの

小さいころからクラシック音楽を習っていたり、クラリネットやドラム、ギターにピアノとたくさんの音楽に触れて育ってきたため、見事にウジの才能が開花したんですね。

そう、セブチにはいなくてはならない存在なのです。

そんなウジの作る曲を1番好きでいてくれて愛してくれているのがメンバーであり、メンバーが誇らしくいてくれていることが、ウジの活動源なんだそうです。

 

クシャッとなる笑顔、レベルの高いボーカル、背の高いメンバーと揃えるために一生懸命練習して踊っているダンス、もう全てがウジの才能であり魅力であると思います。

韓国人男性は背が高いイメージですが、そんなイメージを払拭するくらい自分の身長を最大限に生かし、持てる全てを出してパフォーマンスしているのでしょうから、あっという間にウジの沼にハマってしまうと思います。

まとめ・感想

セブチ・ウジについてご紹介してみましたが、才能豊かで、フワフワの見た目とは真逆の男らしい性格。

その性格もあり、メンバーには一番仕事に情熱をもって取り組んでいると言われています。

レコーディングもウジがメンバーにアドバイスをしながらやるのですが、『レコーディング時のウジくんは怖い、怒られないよう努力している』とメンバーが口を揃えて言っています。

 

“良い音楽を作りたい”という熱い想いがあってこそ、そして、それを“CARAT(カラット)に届けたい”というファンを想う気持ちがあるからこそなんですよね。

こちらがウジやセブチメンバーに感謝したいところです。

 

新しく発売された韓国盤ミニアルバム『Attacca』「Attacca」が、10月22日に発売されましたが予約枚数141万枚を突破し前作をはるかに上回る記録を出しています。

今後のセブチの活動も目が離せません♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました