JO1は口パク?被せ?紅白は?なぜ生歌ではないのか考えられる理由は?

JO1は口パク?被せ?紅白はどうなる?なぜ生歌ではないのか考えられる理由は? K-POP
スポンサーリンク

2020年3月4日にLAPONEエンタテインメントからデビューした11人ボーイズグループ・JO1(ジェイオーワン)!

そんなJO1に口パク被せ?という疑惑が出ています。

紅白はどうなるのでしょうか?

なぜ生歌ではないのか考えられる理由を検証してみました。

スポンサーリンク

JO1は口パク?被せ?

JO1は口パク?被せ?紅白はどうなる?なぜ生歌ではないのか考えられる理由は?

結論から言うと、基本的に口パクではなく、被せ生歌を披露するようです。

口パク・・・歌入りの音源を流し、それに合わせて口元を動かすこと。(声を出さない)
被せ・・・歌入りの音源を流し、それに被せて歌うこと。

スッキリ

デビュー後に出演した情報番組「スッキリ」の生放送では、被せでパフォーマンスをしたようです。

ここでのパフォーマンスが被せだったようです。

下のTwitterでも、口パクではなく被せだと言っていますね。

下のTwitterでは、被せを当たり前のように受け入れいているようなコメントをしています。

私個人としては、ちゃんと生歌を披露してくれないのは寂しいようなガッカリする気持ちになります。

しかし、下のTwitterを見ると少し納得できました。

デビュー間もないグループですし、生放送という一発勝負のようなパフォーマンスをしなければいけなかった為、安全策を取ったようですね。

大きな失敗を避けるためと考えると仕方ないのかもとも思えます。

PLAYLIST

ですが、音楽番組「PLAYLIST」に出演した際には、生歌を披露したようです。

しかも下のTwitterでは、その生歌を絶賛していますね。

スッキリでは被せだったので、生歌を披露してくれて嬉しいですよね。

ベストヒット歌謡祭

デビューして1年半ほど経った頃に出演した「ベストヒット歌謡祭」では、スッキリと同じく被せだったようです。

この被せについて、ファンは被せの音量に不満を抱いたようです。

下のTwitterでも、JO1は歌えるグループなのでもう少し考えて欲しいと言っていますね。

下のTwitterも、JO1の見せ方をもっと考えた方がいいと言っています。

FNS歌謡祭

「FNS歌謡祭」に出演した際は、PLAYLIST同様に生歌を披露しました。

しかも、この時は和田アキ子とコラボし、SNSでトレンドワード入りし話題となりました。

下のYouTube動画では、FNS歌謡祭の舞台裏の映像です。

30秒位~リードボーカルである川尻蓮、與那城奨、河野純喜がアカペラで歌っています。

声量があって、とても上手ですよね。

紅白はどうなる?

JO1は口パク?被せ?紅白はどうなる?なぜ生歌ではないのか考えられる理由は?

紅白への初出場が決定しているJO1ですが、紅白は勿論生放送になります。

この大舞台も被せにするのか、生歌にするのかどちらなのでしょうか。

 

私個人の意見としては、被せになるのではないかと思います。

理由は次の章で紹介します。

なぜ生歌ではないのか考えられる理由は?

JO1は口パク?被せ?紅白はどうなる?なぜ生歌ではないのか考えられる理由は?

生歌にならない理由は2つあります。

生放送で失敗できない

これは今までの理由と同じです。

年に1度の大舞台、しかも初めての紅白なので、失敗は許されないですよね。

激しいダンスナンバー

紅白で披露される曲目は、2022年10月にリリースされ、MVの再生回数は2,000万回と話題になった『SuperCali』になるのではないかと予想されます。

こちらのダンスナンバーは、とても激しく息が上がりして、歌に集中できなくなるかもしれないからだと考えられます。

 

ですが、やはり下のTwitterで言われているように、紅白の時ぐらい生歌が聴きたいですよね。

そして下のTwitterでは、河野純喜の激しくダンスをしながら歌う声量を褒めています。

安定してブレずに歌えるのであれば、紅白も生歌を披露してくれると嬉しいですよね。

ファンの反応

JO1は口パク?被せ?紅白はどうなる?なぜ生歌ではないのか考えられる理由は?

ここからは、JO1の被せや歌声についてのファンの反応を見ていきましょう。

下のTwitterでは、被せは仕方ないと思っていたら、メンバーの声量が被せより大きかったのを喜んでいます。

被せに頼らずに歌っているのが、こちらまで伝わってきて嬉しいですよね。

また下のTwitterでは、被せを肯定しているようなコメントですね。

被せも悪いばかりではないようです。

下のTwitterでは、JO1は他のグループと違って歌っていたと言っています。

やはり、口パクかそうでないかは分かるんですね。

 

下のTwitterでは、リードボーカルの1人である與那城奨が歌声を披露してくれています。

とても上手ですよね。

下のTwitterでも同じくリードボーカルの1人、河野純喜も歌声を披露してくれています。

歌唱力の高さが分かりますね。

このように、素敵な歌声や声量を持っているメンバーがいるので、生歌を披露してくれるのを期待したいですね。

まとめと感想

今年、初めての紅白の出場が決定したJO1!

そんなJO1に口パクや、被せなのでは・・・と疑惑が持たれています。

はっきりとは分かりませんが、口パクではなく、被せや生歌でパフォーマンスを披露しているようです。

 

紅白では生歌でなく、被せでパフォーマンスすると予想します。

理由は2つあり、生放送曲目が激しいダンスナンバーになると思うからです。

生放送では失敗が許されないはずですし、激しいダンスでは息が切れて最悪歌が歌えないかもしれないと想像できるからです。

 

ですが、私達ファンからすると、初の紅白で今年最後のパフォーマンスになるかもれないJO1の歌声をできれば生歌として聞きたいですね。

U-NEXTなら話題のK-POP・韓流バラエティが見放題!

U-NEXTなら、Mnet Smartで配信している
K-POP・韓流バラエティが独自編成のチャンネルで見放題なんです!
BTS(防弾少年団)TWICEなどの人気K-POPアーティストの
バラエティや韓国カルチャーが楽しめる番組が数多く配信されています。
私も利用していますが、K-POP・韓流バラエティはもちろん、
ほかの配信サービスも魅力的です。

U-NEXTの魅力は…
①見放題作品数NO.1!
②初回登録時、31日間無料で利用できる(お試し登録)
③無料登録でも600円分のポイントプレゼント!
④追加料金なく、150誌以上の雑誌が読み放題!

\ 公式サイトはこちら /
韓流LP

------------------------------------------------------------------
本ページの情報は2024年2月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT公式サイトにてご確認ください。
-------------------------------------------------------------------

K-POP
スポンサーリンク
13をフォローする
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました